1. HOME
  2. 事業案内
  3. 送電設備工事
  4. 送電設備工事について

送電設備工事

ラインマン募集中!

送電設備工事

送電設備工事について

主に中部電力管内の送電設備工事をしています。鉄塔間に電線を張って、電気を絶縁する碍子、振動防止や着雪防止などの装置を取り付けます。

▼電気を絶縁する「碍子」
▼捻じれ防止ダンパ・難着雪リング
▼鳥害防止対策
▼送電線のおもり「ダブルトーショナルダンパ」

▼鉄塔の上からの眺め

▼宙乗りして作業

電気が家庭に届くまでの道のり

電気は貯蓄できないのをご存じですか。

需要と供給のバランスが崩れないように消費電力量を予測して、発電所(原子力・火力・水力・風力・太陽光)で電気をつくっています。発電所で作られた電気は電線を通って、変電所で電圧を下げながら、鉄道や工場、家庭へ届けられています。

電気が家庭に届くまでの道のり

配電線や引込線、屋内の配線工事業者は、私たちの身近な場所で工事をしますが、送電線工事は山間部など人が通らないような現場が多く、数十メートルの高さがある鉄塔に上って作業をします。どちらも電気を扱う工事ですが、取り扱う電圧や作業環境などは全く違います。